スマホで受け身の情報収集ばかりの子供に「可能性を広げる方法」を教えるべき|小中学生子育てナビ

情報リテラシー・モラル, 情報教育ニュース

記事の要約

  • LINEやツイッターを確認するだけの「受け身の情報収集」ばかりをしている子供が多い。
  • 保護者がネットは情報を受取るだけでなく、発信したり、探したりするツールであることを伝えきれてない。
  • 使い方が分かれば適切な距離感でつきあえるようになる。
スマホで受け身の情報収集ばかりの子供に「可能性を広げる方法」を教えるべき – 小中学生の子育てナビ
思考が停止した大人にならない子育ての提案したことがあります。その中で「子どもたちにインターネット環境を与えること」をあげました。良質な情報をを自分で集めにいく習慣をつけさせてほしいのです。「そんなこと言っても、うちの子はいつもスマホとにらめっこしてるよ」と感じるお母さん、お父さんもおられるでしょう。 スマホをはじめインターネットを使いこなせているように見えて、不十分な子どもが多いです。今回は子どもの将来をふまえて、スマホと考える力の関係を解説します。