文科省、高校の情報活用能力調査…操作能力高いが考察・表現に課題|リセマム

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 文部科学省は、「情報活用能力調査(高等学校)」の結果を公表。
  • 生徒の情報を読み取る能力は高いが、統計情報を数的に処理することに課題がある。
  • 事象の傾向を推測するためにどのような情報が必要か明確にすることも課題。
文科省、高校の情報活用能力調査…操作能力高いが考察・表現に課題 | リセマム
 文部科学省は、「情報活用能力調査(高等学校)」の結果を公表。生徒の情報を読み取る能力は高いが、統計情報を数的に処理することに課題がみられた。また、インターネット上のルール意識が高い生徒ほど得点が高かった。

スマホっ子の風景 竹内先生の新教育論 各地に広がる「スマホサミット」|毎日新聞

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 竹内先生ははスマホについて考え、対策を講じる「スマホサミット」のお手伝いをしている。
  • 子ども自身が活動の中心で、大学生がファシリテーター(子どもたちの自主的活動の補助役)として関わる。
  • 子ども自身が考え、行動できる環境づくりに徹する。

スマホっ子の風景 竹内先生の新教育論 各地に広がる「スマホサミット」|毎日新聞

リテラシー…最近10代の間で「なりすまし垢で個人情報を漏洩するユーザ」が急増か|かみあぷ

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • Twitterで別人になりすまし、悪口を言い合うといった事件が発生している。
  • 安易に無断撮影した写真を当人らの了解なくTwitterに投稿している事件も多発。
  • 投稿した本人に危険なことをしている意識が全くなかった場合がある。

リテラシー…最近10代の間で「なりすまし垢で個人情報を漏洩するユーザ」が急増か | かみあぷ – iPhoneひとすじ!

ツイッター利用10代6割超 気軽に個人情報、トラブル発展も|西日本新聞

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • Twitterの10代の利用率は2012年の26・6%から15年は63・3%に上昇。
  • 個人情報が簡単に特定され、出会い系や詐欺などの犯罪に使われる可能性もある。
  • 第三者が個人名や学校名を悪用し、友人同士のトラブルにつながった実例も。
ツイッター利用10代6割超 気軽に個人情報、トラブル発展も
スマートフォンの普及に伴い会員制交流サイト(SNS)の利用が広まる中、ツイッターの10代の利用者が急増している。総…

文科省、情報セキュリティとICT環境整備をテーマに研修会開催|ICT教育ニュース

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 「小中高等学校の教職員等を対象とした情報セキュリティ研修会」を1〜2月に開催。
  • NTTラーニングシステムズが委託を受け、研修会の運営を行う。
  • 参加対象は、学校の情報担当の教職員、教育委員会・教育センター指導主事など。
文科省、情報セキュリティとICT環境整備をテーマに研修会開催
文部科学省は、1月~2月にかけて開催する「小中高等学校の教職員等を対象とした情報セキュリティ研修会」と、学校でのICT環境整備などをテーマにした研修会の参加受付を開始した。 両研修 […]

10代のFacebookでの嫌な経験がうつ病リスクを3倍に!親が出来る事は|WooRis

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • SNSでのいじめ被害はうつ病リスクを3.2倍も高める。
  • 対策は子どもには夜間ベッドにスマホを持ち込ませない。
  • 普段から家族と一緒に食事を共にし、だんらんを楽しむことが大切。
10代のFacebookでの嫌な経験がうつ病リスクを3倍に!親が出来る事は – WooRis(ウーリス)
今は子どもが当たり前にスマートフォンを持つ時代。MMD研究所が2016年に発表した「中学生のスマートフォン利用実態調査」によれば、子どもが「スマートフォンを持ったとき一番したかったこと」として第1位に『LINE』が挙げられています。 しかし、メールやチャット・SNSの利用は、便利で楽しい反面、いじめなどの問題

児童が英語で学習成果を発表 SNSルールも策定【未来を拓く ふっさっ子学習発表会】|教育家庭新聞

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 学習発表会でSNSを使ったいじめやトラブルの防止策を発表する「いじめ防止サミット」も実施。
  • 児童生徒が考えたSNSルールについて発表を行う。
  • SNSトラブルの防止策をまとめた「SNSふっさっ子ルール」を策定する。

KKSブログ: 児童が英語で学習成果を発表 SNSルールも策定【未来を拓く ふっさっ子学習発表会 1月28日開催】

第18回 親のICTリテラシー、まずは学校からの配布物から|学研キッズネット

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • フィルタリングだけに頼って子どもの安全なネット利用を実現することは、残念ながら難しい。
  • 子どもたちに適切なネット利用方法を啓発すること、心のフィルタリング意識をやしなうことが大切。
  • 学校から配布される啓発資料には、地域のルールや家庭のルールづくりのひな形がわかりやすく書かれている。
第18回 親のICTリテラシー、まずは学校からの配布物から
子どもにネットの適切な使い方を教えるには、親のICTリテラシーが必要になります。保護者のICTリテラシーはいまどうなっているのでしょうか。

子どもが危険なWebサイトにアクセスしようとした回数で日本8位|ICT教育ニュース

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 子供や青少年が危険なWebサイトにアクセスしようとした回数のランキングで日本は8位。
  • ランキング上位は、1位イスラエル、2位英国、3位米国。
  • 日本の子供や青少年は「アダルト」、「ソフトウェア、音楽、映像」カテゴリに分類されるサイトへのアクセスが最も多い。
子どもが危険なWebサイトにアクセスしようとした回数で日本8位
Kaspersky Labは22日、世界中で利用されカスペルスキーの各種セキュリティソリューションに搭載されている「保護者による管理」機能の統計データから、子供や青少年など対象とな […]

若年層ほどTV・新聞以外の「ネット情報を信頼する」傾向に|ICT教育ニュース

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 年代が高くなるにつれ、新聞への信頼度は高くなる傾向がある。
  • 商品を購入する際、若年層の方が、インターネットの情報を信頼する傾向がある。
  • テレビや新聞などによって表現や報道のされ方が違うことを理解している若者は3,4割。
若年層ほどTV・新聞以外の「ネット情報を信頼する」傾向に
ジャストシステムは21日、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス […]

「教育困難校」生徒が奨学金地獄に陥る仕組み スマホ中毒で非現実的な夢しか考えられない|東洋経済オンライン

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 教育困難校の生徒は、幼い頃からさまざまな体験をする機会に乏しい。
  • ゲームをはじめ、音楽もアニメもスポーツなどをスマホで楽しむ傾向がある。
  • ゲームやアニメなどの興味は、将来学ぶことや仕事に選ぶことは別にあるというスタンスがない。
「教育困難校」生徒が奨学金地獄に陥る仕組み | 学校・受験
次の会話は、「教育困難校」における、ある日の進路指導室でなされたものである。 冗談のように思えるだ…

自ら危険を予想し、回避する力を育てる情報モラル教育教材を公開|教育家庭新聞

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • LINEが、情報モラル教育教材『「楽しいコミュニケーション」を考えよう!「リスクの見積り」編』を公開。
  • 対象年齢は中学生から高校生。パッケージ内容はスライド教材、カード、ワークシート、指導用ガイドブック。
  • LINEのグループトークの内容を見ながらリスクを判断していく形式。

KKSブログ: 自ら危険を予想し、回避する力を育てる情報モラル教育教材を公開

小学校で出前講座 スマホでのネットトラブル学ぶ 富山|チューリップテレビ

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 小学生や教職員を対象とした出前講座が南砺市の城端小学校小学校で開かれた。
  • 5・6年生を対象にネット依存やネットいじめ、『なりすまし』についてKDDIの講師が説明。
  • この学校でも、参加した児童の3分の1程度がスマホを利用。

小学校で出前講座 スマホでのネットトラブル学ぶ 富山|チューリップテレビ

スマホの適切利用 中高生が議論 岡山でサミット、問題を共有|山陽新聞

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • スマホの適切な利用について考える「OKAYAMAスマホサミット2017」が開催された。
  • 中高生68人が長時間利用による生活習慣の乱れやインターネットを巡るトラブルなどの問題を共有。
  • これまでスマホの使い過ぎを防ぐアプリや啓発ポスター、ケーブルテレビで放映するCMなどを作成。
スマホの適切利用 中高生が議論 岡山でサミット、問題を共有
スマホの適切利用 中高生が議論 岡山でサミット、問題を共有。山陽新聞デジタル(さんデジ)は山陽新聞社のニュースサイトです。岡山県内各地域や国内外のニュース、スポーツ速報を配信します。

自治体が主導する子供の情報モラル教育。静岡県三島市の「親と子のスマホ・SNS安心情報ネットワーク会議」への参画|JIJI.com

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 一般社団法人セキュリティ対策推進協議会静岡県三島市の「親と子のスマホ・SNS安心情報ネットワーク会議」へ参画。
  • 個々の犯罪やトラブルは、それぞれ相談対応する窓口が別れている点を、自治体が音頭を取って解決する。
  • 青少年のITリテラシーの向上や地域全体に情報セキュリティへの関心や知識の底上げにつながる活動を支援する。

自治体が主導する子供の情報モラル教育。静岡県三島市の「親と子のスマホ・SNS安心情報ネットワーク会議」への参画|JIJI.com