ICT利活用、高等教育機関9割以上「重要」と認識…学修支援など課題|リセマム

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • ICT利活用教育については、大学、短大、高専、学部研究科のいずれの機関も9割以上が「重要である」と回答。
  • ICT環境は、インフラ整備が進む一方、学修支援、学生支援、広報活動にかかわる導入率は低い傾向にある。
  • 導入後の利用促進や活用について、運用面も含めて検討する必要がある。
ICT利活用、高等教育機関9割以上「重要」と認識…学修支援など課題 | リセマム
 大学ICT推進協議会(AXIES)は、2015年度調査「高等教育機関におけるICTの利活用に関する調査研究」の結果を公表した。ICT利活用教育は、9割以上が「重要」と認識。ICT環境は、インフラ整備が進む一方、学修支援、学生支援、広報活動にかかわる導入率は低い傾向にあった。

4人に3人が知らない!? 子育てママの「プログラミング教育 意識度」|ICT教育ニュース

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • 子どもを持つ30~40代の女性200人に「子どものプログラミング教育」に関するアンケートを実施。
  • 4人に3人の母親がプログラミング教育について「知らない」と回答。
  • 「学ばせてみたい」と考えている母親が過半数を超えるという結果。

4人に3人が知らない!? 子育てママの「プログラミング教育 意識度」

テクノロジー・バランスを保つ。学校でのタブレット使用は悪影響だから自粛すべきと英国政府が懸念|GIZMODO

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • 授業への過度のタブレット導入で、教師と生徒の接触が薄れている。
  • 高価なiPadやタブレットをめぐり、学校内でケンカやいじめが数多く発生している。
  • 校内での携帯電話の利用を禁止した学校では、テストの成績が上昇する傾向が目立った。
テクノロジー・バランスを保つ。学校でのタブレット使用は悪影響だから自粛すべきと英国政府が懸念
教育分野でのIT活用が進むなか、英国政府はiPadなどタブレット端末の授業での使用を懸念する発言をしています。タブレット導入によっていじめやハラスメントにもつながるとして、使用の停止も視野にいれているようです…。

総務省、「第2回 プログラミング教育事業推進会議」19日に開催|ICT教育ニュース

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • 総務省は、「第2回 プログラミング教育事業推進会議」を12月19日に開催。
  • 議題は、「実証プロジェクトの実施状況報告」「今後のスケジュール」「意見交換」など。
  • 場所は、東京都中央区銀座の野村不動産銀座ビル5F。
総務省、「第2回 プログラミング教育事業推進会議」19日に開催
総務省は、教育の情報化推進のための会議「第2回 プログラミング教育事業推進会議」を12月19日開催する。 議題は、「実証プロジェクトの実施状況報告」「今後のスケジュール」「意見交換 […]

校長自らが教えるプログラミング授業、戸田市立美谷本小学校で実施|ICT教育ニュース

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • 埼玉県戸田市の市立美谷本小でプログラミングについて教える授業を15日に実施。
  • 同校の校長自らが、小学校2年生を対象にした「プログラミング的思考」を育む授業を行う。
  • プログラミングの教材にはプログラミングの基礎が学べる「Bee-Bot(ビーボット)」を使用。
校長自らが教えるプログラミング授業、戸田市立美谷本小学校で実施
埼玉県戸田市は、市立美谷本小学校で校長自らが、プログラミングについて教える授業を15日に実施する。 小学校でのプログラミング教育については、文部科学省が2020年を目処に必修化を検 […]

講義映像と“著作権” 進む教育の情報化に課題|リセマム

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • 講義映像の送信などにおいても現行と同様に無償利用できるよう要望。
  • 国際化の進展に伴い、教材の開発や利用においても国際的に整合性を持たせる必要性がある。
  • 著作権に係る補償金制度やライセンス制度については、早急に体制が整備されることが望まれる。
講義映像と“著作権” 進む教育の情報化に課題 | リセマム
 国立大学協会は12月12日、「教育の情報化の推進における要望」をWebサイトに掲載。有識者会議にて審議が進められている著作権法に対する考えを明らかにしたもので、講義映像の送信などにおいても現行と同様に無償利用できるよう要望した。

松田校長に学ぶ「先生のためのプログラミング冬期講習会」23日開催|ICT教育ニュース

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • フューチャーインスティテュートが「先生のためのプログラミング冬期講習会」を、12月23日東京・銀座で開催。
  • 講師はプログラミング教育で先進的な試みを展開する小金井市立前原小学校の松田孝校長など。
  • 前原小で実践された1学期と2学期に行ったプログラミング授業を体験できる。
松田校長に学ぶ「先生のためのプログラミング冬期講習会」23日開催
フューチャーインスティテュートは、プログラミング教育で先進的な試みを展開する小金井市立前原小学校の松田孝校長などを講師に、「先生のためのプログラミング冬期講習会」を、12月23日東 […]

みんなのコード、先生たちが話題のプログラミング教材を体験|ICT教育ニュース

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • みんなのコードがプログラミング関連サービスを体験できる展示会イベントをプラザマームで開催した。
  • 教育関係者約150名が集まり、先端のプログラミングツールやサービスを体験。
  • 展示イベントに参加したのは、プログラミングに関する12教材、サービス。
みんなのコード、先生たちが話題のプログラミング教材を体験
みんなのコードは11日、小学生から始められるプログラミング入門教育のプロジェクト「Hour of Code」(アワー・オブ・コード)のスペシャルイベントとして、プログラミング関連サ […]

「なぜ子どもにプログラミング教育が必要なのか」岡嶋先生に聞きました|ICT教育ニュース

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • セキュリティの専門家で中央大学の岡嶋裕史准教授の特別インタビューを公開。
  • インタビュー内ではプログラミングの必要性について説明。
  • 今回のインタビューは、プログラミング教育の必修化に備えて専門家の意見と考えを聞くことができる貴重な内容。
「なぜ子どもにプログラミング教育が必要なのか」岡嶋先生に聞きました
学研プラスは7日、セキュリティの専門家で、プログラミングやIT関連の著書を多数執筆している中央大学の岡嶋裕史 准教授の特別インタビュー「なぜ子どもにプログラミング教育が必要なのか […]

日本教育工学会、プログラミング教育のワークショップを18日大阪で開催|ICT教育ニュース

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • 「これからのプログラミング教育を考えるワークショップ」を18日に大阪で開催。
  • ワークショップでは、プログラミング教育に関する研究動向や実践事例、自作教材紹介を紹介。
  • プログラマーからのレクチャーや、授業での指導方法を学ぶグループワーク型のワークショップを実施。
日本教育工学会、プログラミング教育のワークショップを18日大阪で開催
日本教育工学会SIG-04 教育の情報化は、「これからのプログラミング教育を考えるワークショップ」を18日に大阪で開催する。参加費は無料。 同ワークショップでは、プログラミング教育 […]

CA Tech Kids、過疎地域で出張プログラミング教室開催|リセマム

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • CA Tech Kidsは過疎地域におけるプログラミング教育の支援活動を推進。
  • 鳥取県の子どもたちへのプログラミング学習の機会提供と、地域活性を目指す。
  • 学習用プログラミング言語「Scratch」を用いたプログラミング教室を開催。
CA Tech Kids、過疎地域で出張プログラミング教室開催 | リセマム
 CA Tech Kidsは過疎地域におけるプログラミング教育の支援活動を推進するため、鳥取県に本拠地を置くIT企業アクシスと共同で、鳥取県八頭町立隼小学校でプログラミング教室を開催する。2016年11月~2017年2月に、8回の授業を行う。

30代から40代の親が子どもの教育に向けてなすべきことは?|群馬プログラミングカレッジ

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • 21世紀型スキルの価値観は、プログラミング教育との親和性が高い。
  • 家庭内では、親自身の意識も「21世紀型」への転換が求められる。
  • プログラミング教育も親がプログラミング教育の意義を理解して、子どもをサポートすることが必要。
30代から40代の親が子どもの教育に向けてなすべきことは?
30代から40代の親が子どもの教育に向けてなすべきことは? これからの長い人生を生き抜くためには、親も21世紀…

日本マイクロソフトとCANVAS 、「Minecraftで始めるプログラミング」を11日開催|ICT教育ニュース

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • 「Minecraftで始めるプログラミング~遊びながらつくる・つくりながら学ぶ~」イベントを12月11日開催。
  • ものづくりゲーム「Minecraft」を活用したプログラミング教育の可能性を伝えるイベント。
  • 大人向けでは「Minecraft」の体験会とトークセッション、子ども向けではワークショップを実施。
日本マイクロソフトとCANVAS 、「Minecraftで始めるプログラミング」を11日開催
日本マイクロソフトとCANVASは、「Minecraftで始めるプログラミング~遊びながらつくる・つくりながら学ぶ~」と題したイベントを、11日に東京の日本マイクロソフト 品川オフ […]

学研プラス、『マインクラフト』を使った小・中学生向けのプログラミングキャンプを開催|Edtech Media

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • 学研プラスが小・中学生向けのプログラミングキャンプ(短期集中講座)を、12月26日(月)に開催。
  • 授業スタイルは3~5人の子どもに対して、1人以上の講師がつく少人数制で実施。
  • カリキュラムには、子どもが自分で作った作品を発表するプレゼンタイムも用意。
学研プラス、『マインクラフト』を使った小・中学生向けのプログラミングキャンプを開催 |EdTech Media
株式会社 学研ホールディングスのグループ会社、株式会社 学研プラスでは、大人気ゲーム『マインクラフト』を使った小・中学生向けのプログラミングキャンプ(短期集中講座)を、12月26日(月)に開催する。

前原小学校、教師が挑戦するプログラミング授業フルラインナップを公開|ICT教育ニュース

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • 前原小学校で公開授業「STEAMとGamificationが創る新しい『学び』-プログラミングは新しい『学び』の象徴!!」を開催。
  • タブレットもWi-Fiも無い学校の教師が、松田校長指導の下、半年間でどこまで成長できたのかを披露する公開授業。
  • 1年から6年までの全ての学年の17クラスでプログラミング授業が行われた。
前原小学校、教師が挑戦するプログラミング授業フルラインナップを公開
東京都小金井市立前原小学校は26日、公開授業「STEAMとGamificationが創る新しい『学び』-プログラミングは新しい『学び』の象徴!!」を開催した。 2020年の小学校で […]